シニアモバイルでSNSを利用

インターネットを利用したサービスはどんどん進んでいます。携帯電話は電話回線で行うのでどうしてもコミュニケーションが限られていました。インターネット回線を利用したサービスだとそれ以上のサービスが利用でき、場合によっては料金が安くなる場合もあります。若い人たちはどんどん利用しているようです。その中で人気なのがSNSです。電話のようなコミュニケーションが行えます。高齢者が携帯電話を使う時は多くは家族とのコミュニケーションになります。自分の子供や孫などとコミュニケーションをすることになりますが、その時にSNSを使える方が行いやすくなります。シニアモバイルではSNSの利用方法などを教えてもらえます。家族がSNSを使っている場合にそちらを利用して接続できるようになります。電話以上にコミュニケーションが行いやすくなります。

シニアモバイルで会員専用コールセンター

インターネットのサービスなどを利用していて急に使えなくなって困ることがあります。インターネットに接続できませんからインターネットから問い合わせをすることはできません。電話を利用して問い合わせをすることになります。自宅の固定電話であれば常につながりますから、サービスセンターなどがあればそちらに問い合わせをすることによって対応できる場合があります。シニアモバイルのサービスでは会員専用のコールセンターが用意されています。携帯電話などでも使えなくなって困ることがります。その時にコールセンターに連絡をすればただちに対応してくれます。携帯電話が使えないときでも問題なく対応してもらうことができます。操作方法なども固定電話などを通じて教えてもらえるので、回復させることができるでしょう。各種サービスの案内もしてもらえます。

シニアモバイルで同じ趣味を持つ人との交流

会社などで仕事をしていると自然に社会とのつながりを持てるようになります。それがストレスに感じることもありますが、刺激になることもあります。脳などの刺激になるので、脳の老化などを防ぐことができます。会社をリタイヤして老後の生活を送るようになると一気に周りの人とのコミュニケーションが減ります。一人で趣味に没頭をしてもなかなか頭を使う機会がない場合もあります。シニアモバイルのサービスでは同じ趣味を持つ人との交流の場を設けてくれます。利用するときに自分の行っている趣味や興味などを登録することができます。その情報を基にイベントなどがあれば連絡をもらえます。参加するかどうかは自分の予定や都合に合わせることができるので、時間が合えば行けばいいでしょうし、無理なら別の機会を利用することができます。同じような世代の人なので気も遣いません。